• コンセプト
  • 矯正歯科について
  • 料金
  • Q&A
  • 症例集
  • アクセス

矯正歯科について―インビザライン―

インビザライン

「目立たない」矯正治療、それがインビザラインです。

インビザライン

この治療方法は、コンピュータを用いて作製された透明なマウスピースを段階的(約2週間ごと)につけ替えることで歯列を移動してきます。
透明な装置ですので、装着してもほとんど目立ちません。
また、必要に応じて取りはずすことができます。
「インビザライン」についての詳細、メリット、デメリットをご紹介します。

インビザラインの特徴は、装置が透明であること。
装着しても他人に気づかれることはほとんどありません。
矯正治療中であっても、口もとを気にせずステキなスマイルでいることができます。

インビザラインの治療をぜひ、オススメしたい方

  • 接客業、営業職、スチュワーデスさんのような、人前に出る機会が多い人
  • 取り外しのできない装置にわずらわしさを感じる人
  • 普段と同じように、おいしく食事を楽しみたい人
  • 金属アレルギーのある人

治療中も誰にも気づかれず快適

透明な装置のため、日常生活で装着していてもほとんど見分けがつきません。
「装置が目立つのがイヤ」「食べ物が引っかかる」などの理由で、矯正歯科治療を敬遠していた方々に最適です。

洗浄・取り外しが可能な装置

取り外しができるため、普段と同じように歯磨きや食事が可能です。
固定式の装置と違って、食事も違和感なく楽しめます。 また、装置自体がとても薄く、発音の邪魔になりません。
ワイヤーによる矯正装置のように口の中に当たって、痛みが生じたり口内炎ができたりしないので、違和感や不快感がかなり軽減されます。
ほかにも、装置を取り外して洗浄できるため、衛生的です

自分の歯がどのように動いていくかが確認できる

「クリンチェック」と呼ばれる3Dコンピュータ画像にて、治療開始から完了までのシミュレーションを行います。
このとき、自分の歯がどのように動いていくのかを、立体的な3Dアニメーションで確認することができます。

3Dコンピュータ画像

痛みが少ない

インビザライン使用図

従来のブラケット・ワイヤーを使用した装置では粘膜や舌にあたると、
痛みを伴い口内炎になることがありました。
インビザラインはブラケット・ワイヤーを使用しないため、その問題はありません。
また、ワイヤーと異なり矯正力の作用面積が大きいため歯の移動に伴う痛みも少ないといわれております。

全世界100万人以上の治療実績

治療実績グラフ

インビザラインは米国アライン・テクノロジー社(ナスダック上場会社)によって1997年に開発され、米国やヨーロッパを中心とした世界の主要各国で販売されています。
これまでに使用されたインビザラインは、全世界で130万人(2008年12月末現在)。
米国アライン・テクノロジー社によれば、米国民の80%がインビザラインを認知しています。

矯正中の食事も心配なし

従来では食事のたびに装置に食べ物がからみつく煩わしさがありました。
必然的に矯正前と同じ食生活を送ることが難しくなります。
装置を取り外せるインビザラインなら、食事における心配はありません。

虫歯になりにくい

ブラッシングがしやすいため、虫歯や歯周炎にはなりにくいといえます。

発音障害の心配なし

装置は薄く、なめらかな素材なので、従来の裏側矯正装置のように発音障害が起きることはありません。
仕事柄、発声する機会の多い方でも安心して矯正治療をお受けいただけます。

「金属アレルギーの方でも大丈夫」

インビザラインはプラスティックでできているため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。
金属アレルギーの方で、なかなか矯正治療に踏み出せなかった方にも安心して矯正歯科治療をご提供することが可能になりました。

インビザライン単独では治療に不向きな場合があります

歯並びの状態をチェックしたうえで、インビザライン単独での治療が可能かどうかをお調べします。
インビザラインが不可能であると判断した場合は、従来型の矯正装置をおすすめしております。

例えば・・・

  • 歯のでこぼこが大きく、抜歯が必要な場合には、歯を大きく移動させることになります。
    そのような症例では、理想的な歯並びにすることが難しい場合があります。
  • 上下の顎の位置に前後・左右のズレがあり顎の位置も調整しなければならない場合は、使用できません。
  • 乳歯が抜けたり、生えかけている歯がある小学生の患者様には使用できません。

ただし、そのような場合であっても従来型の装置と併用してインビザラインとのコンビネーション治療によって、
ワイヤーの装着期間を極端に短縮することができます。
インビザラインは経験と工夫によって多くの症例に適用できます。
まずはインビザラインの治療経験を十分に積んだ矯正歯科医にご相談ください。

治療費用がかかる

多くの製作工程を経て患者様の元へ届けられるインビザラインは、比較的費用がかかる治療です。
なかには、100万円を軽く超えてしまう医院もあるようです。
しかしながら、当院でのインビザラインのみによる治療費は80万円(税抜)です。
豊富なインビザライン治療経験を活かして、工夫の行き届いたリーズナブルな価格設定を心掛けております。

※上記料金以外に、消費税等が別途かかります。なお、平成26年4月1日以降は8%の消費税等、以後税率改定が生じた場合には改定後の税率となります。

強い意思を持って装着してください

インビザラインは取り外しができる点に特徴がありますが、装着時間が足りないと(1日20時間が目安)歯の動きが悪くなり、シミュレーションされた治療計画にも狂いが生じます。
計画通りの良い治療効果を生むためには、強い意志を持って、食事や歯磨き時以外はなるべく装着するように心掛けることがとても大切です。

インビザラインの治療の流れ

Step1. 精密検査

型取り

矯正を希望される場合、レントゲン写真、歯型、お口の中の写真などの資料を取ります。
お時間は1時間程度かかります。この資料を元に、それぞれの患者様に合った治療方針を決めます。

Step2. 認定ドクターがインビザラインを発注します

3Dアニメーション
マウスピース作製中

歯型、治療計画、レントゲン写真などを米国のアライン社(インビザラインを設計、製造、販売している会社)に郵送します。
送られてきた歯型などのデータから、アライン社の担当スタッフがデジタル3Dの歯列を作製します。
レントゲンや歯の模型などの検査結果をもとに、「クリンチェック」と呼ばれる3Dコンピューター画像にて、 治療開始から完了までのシミュレーションを行います。
そのデータの精査・確認をインビザラインドクターが行い、カスタムメードされたインビザラインが作製されます。
この時、自分の歯がどのように動いていくのかを、立体的なアニメーション画像で確認することができます。

作製後、クリニックにマウスピースが届くまで通常、1か月程度かかります。

Step3. 治療を開始します

インビザラインを装着

送られてきた装置をつけて治療開始となります。
この間、約月1回のペースで通院していただき、装置の調整、歯の動きのモニタリングを行います。
治療期間は通常1,5~2,5年程度です。
各治療段階につきインビザラインを約2週間ずつ、ドクターの指示によりつけ替えていきます。

装着時間は1日20時間以上を目安に。飲食や歯磨きの使用時間以外は装着するようにしましょう。

 

Step5. 保定

リテーナー(保定装置)

歯の移動が終わると、歯を安定させるための保定期間に入ります。
3ヶ月に一度、ご来院いただきます。
保定期間が終われば、矯正治療は終了です。

▲ページトップへ

ふじみ野アイル矯正歯科センター

所在地 〒354-0036
埼玉県富士見市ふじみ野東1丁目1番地1
ふじみ野ナーレ(ふじみ野東口駅ビル)4F
契約駐車場完備
TEL 049-267-2222
診療時間 平日:AM10:00~PM9:00
土曜:AM10:00~PM8:00
日・祝:AM10:00~PM7:00 年中無休

ふじみ野アイル歯科クリニック・地図

Copyright©ふじみ野アイル矯正歯科センター All rights reserved.