• コンセプト
  • 矯正歯科について
  • 料金
  • Q&A
  • 症例集
  • アクセス

矯正歯科について―裏側矯正(インコグニート)―

裏側矯正

裏側矯正とは

裏側矯正

矯正治療を検討しているものの、思いとどまっている方の主な理由とは

「1.費用の問題」、「2.時間の問題」そして、「3.装置が目立つこと」が考えられます。

なるべく人知れず、矯正治療をしたい!そんな方には「裏側矯正」がおすすめです。

裏側矯正は、歯の裏側にワイヤーやブラケットなどの矯正装置をつけるため、表側からは装置が見えない、審美的に優れた治療法です。
舌側矯正、リンガル矯正ともいいます。

表側の矯正と比べ優れているポイントは、装置が目立たないことのほか、「虫歯になりにくいこと」が挙げられます。
矯正中は矯正装置の部分がブラッシングしにくく、虫歯になりやすいものです。
ところが裏側矯正の場合、装置がある歯の裏側には常に唾液が分泌されているため、虫歯菌に対して殺菌効果が高い唾液の力によって、虫歯になりにくいのです。
虫歯になりにくいとはいえ、もちろん矯正治療中の口腔ケアは注意深く行うべきでしょう。
また、「歯の表側のエナメル質へのダメージが少ないこと」も裏側矯正の優れたポイントです。
矯正装置はワイヤーを通したブラケットというものを歯に接着します。
これにより、接着部分のエナメル質が削れてしまうことがあります。裏側矯正なら歯の表側のエナメル質には、影響を与えることはありません。
しかし長所もあれば短所もあります。
治療方法についてはご自分の症状に合わせて医師に相談して選択することが大切です。

以下に、裏側矯正の特徴をまとめます。

裏側矯正の特徴

他人の視線を気にしないで矯正治療ができる

矯正をしたけど矯正装置を付けていることを他人に分かってしまうのは嫌とか、職業柄表側の矯正ができないなどという方には、裏側矯正が最適です。
裏側矯正では、矯正装置が外側からは見えませんので、他人に気づかれずに矯正を行うことができます。

衛生面の特徴・メリット

表側矯正では、歯に矯正装置を付けると装着部分がうまく歯磨きができずに虫歯になることがあります。
ところが、歯の裏側は歯の表面の一番かたい層であるエナメル質が表側より3倍も厚く、そのため細菌の出す酸に強いのです。また、歯の裏側には常に唾液が循環しているために、虫歯をつくる菌がこの唾液の静菌作用や殺菌作用によって増殖しにくくなっています。
このような理由から、歯の裏側に装置を付けた方が虫歯になりにくいのです。
しかし、矯正中は歯磨きは徹底的にすることが大事です。もし不幸にも裏側矯正中に虫歯になったとしても、虫歯治療は可能です。

前歯が引っ込みやすくなる

裏側矯正では、装置が固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯をきちんと後ろに移動させることができ、前歯が引っ込みやすくなります。
歯が前に出ているいわゆる出っ歯の方で、なるべく前歯を引っ込めたいという場合には裏側矯正の方が効果的です。

舌癖防止になり、矯正後の後戻りのリスクが減る

歯が前に出ているいわゆる出っ歯の方の多くは、常に舌で前歯を押している癖があります。
こういった癖のある方は、舌が正常な位置にない可能性があります。
口を閉じてリラックスした状態の時には、舌は上の歯の付け根から1センチほど奥に下がったタンスポットといわれる位置にあるのが正常です。
裏側矯正では裏側に見えない矯正装置が付いているので、舌がタンスポットの位置から上に動くことを封じることができます。つまり矯正装置自体が舌癖防止装置の役割も果たすことになり、矯正治療中に舌の癖も矯正され、装置を外した後の後戻りのリスクが減ります。

装置セット当初の発音

装置を舌側につけますと、じゃべるときに装置が舌にあたります。
そのため、舌を歯の裏側にあてて発音する言葉が若干不明瞭となることがあります。
装置を付けてからしばらくは、じゃべりにくさを感じるかもしれません。
慣れてくるとしゃべりにくさは改善されてきますが、営業や接客業など人前に立つ仕事に就いている仕事をされているのであれば、その点を考慮する必要があるでしょう。

インコグニート(Incognito)

このような症状を、少しでも改善するためにインコグニートが開発されました。

インコグニート


インコグニート(裏側矯正)
インコグニート(裏側矯正)

ひとりずつオーダーメイドでブラケットとワイヤーをつくる舌側矯正の治療システムです。

インコグニートを使用した舌側矯正では、最終的な歯並びにあわせて、専門のテクニシャンがコンピュータ上で、それぞれの患者さまに最も適した形状の矯正装置を設計します。
設計から一貫して自動的に装置が製作されるため、とても精度の高い矯正装置をそれぞれの患者さまにあわせて最適な設計でつくることが可能なのです。

患者さん自身が実感できる最大のメリットは、歯の裏側に接着した矯正装置全体の厚さが薄く、従来の舌側矯正と比べて違和感が少ないことです。
また、歯の裏面を広く覆って接着するため、装置の脱落も少なく、虫歯にもなりにくい構造になっています。

インコグニートの特徴

患者さまごとに装置をオーダーメイドするので、歯並びにあわせて矯正装置を薄くできます。
舌が触れた時の違和感の軽減、発音障害なども起こりにくいです。
複雑な形状のアーチワイヤーも歯並びにあわせて製作されるので、効率のよい歯列矯正が可能です。
治療期間の短縮にもつながります。
ブラケットを接着する面積が大きいので、装置の脱離が減少し、歯の裏側を広く覆うので、治療中の虫歯のリスクも減少します。

インコグニートと従来の裏側(舌側)矯正装置の比較

インコグニートと従来の裏側(舌側)矯正装置の違いをご覧下さい。
従来の矯正装置に比べ、インコグニートがいかに優れた技術で、多くのメリットがあるか、おわかりいただけると思います。

  インコグニート
(ドイツ・ビッヒマン博士考案)
従来の裏側(舌側)矯正装置
(現在主として使用されている)
名 称 インコグニート リンガルブラケット
(クリッピーL、STB、その他)
形 態 非常に厚みが薄い
インコグニート)
(三次元的に正確な屈曲ができる)
装置の脱落も少なく虫歯にもなりにくい構造
ベースレジンが必要なためどうしても厚みがでる
リンガルブラケット
発音の障害 発音障害や食べづらさが従来の装置に比べ軽減 慣れるまでか1ヶ月~2ヶ月くらいを要する
電話の会話などで支障があることも
特に、サ行、タ行、ラ行の発音が困難
制作方法 CAD/CAM(コンピューターで設計制作)
患者の歯の形態に合わせたオーダーメイド
どのメーカーも既製品
材 質 貴金属・ゴールド(金合金) ニッケル・コバルト等の非金属
アレルギー有・無 金合金はアレルギーが少ない 上記の金属にはアレルギー報告あり
治療に使うワイヤー 使用するワイヤーすべてをロボットがコンピューターの指示通りに製作(実際にはそのワイヤーのチェックはドクターにて行われます。)
インコグニート(裏側矯正)
(三次元的に正確な屈曲ができる)
使用するワイヤーをすべて矯正歯科医が手でワイヤーを曲げるため誤差が生じる
治療期間 インコグニートでは、ワイヤーがStep毎に既に作製されている為、ワイヤーの調整が最低限で済むため、治療時間の短縮が可能になります。 装置脱落やワイヤーの精度によって一般的に治療期間が長くなるといわれている
  • 上記のように従来の裏側矯正器具よりはるかに快適に治療を行うことが可能になりました。
    当医院では全ての裏側矯正をご希望の患者様にインコグニートをご提供します。

▲ページトップへ

ふじみ野アイル矯正歯科センター

所在地 〒354-0036
埼玉県富士見市ふじみ野東1丁目1番地1
ふじみ野ナーレ(ふじみ野東口駅ビル)4F
契約駐車場完備
TEL 049-267-2222
診療時間 平日:AM10:00~PM9:00
土曜:AM10:00~PM8:00
日・祝:AM10:00~PM7:00 年中無休

ふじみ野アイル歯科クリニック・地図

Copyright©ふじみ野アイル矯正歯科センター All rights reserved.